ゼロクラウンを車高短にする場合 注意する所と改善する方法! 

ゼロクラウンを車高短にする場合 注意する所と改善する方法! 

「シャコタン」とは自動車のカスタム手法のひとつで、最低地上高を低くする改造を施したことを指します。 漢字では「車高短」と書き、「低い」「下げる」といった漢字ではなく「短い」が使われているのは、諸説あるものの「部品を短く加工することで最低地上高を下げる」ことから来ていると言われています。 「ローダウン」とは違う? 同じ意味を持つ言葉に「ローダウン」がありますが、「シャコタン」と「ローダウン」では車高がどれくらい下がっているのかで呼び方が区別されることが多いです。

1970年代に暴走族の間でこのシャコタンによるカスタムが流行し、その後1980年代には暴走族ではない若者にも広まります。 車高を低くするにはサスペンションに使われるスプリングを交換するなどの方法がありますが、当時、スプリングは「重要保安部品」に指定されていたため、交換には陸運支局などの届け出と認可、いわゆる「公認」を得ることが必要でした。 公認を得ないまま公道を走行することは違法行為でしたが、公認を得るのはハードルが高いため、違法であることを知りながらスプリングを交換し公道を走行する人は多かったのです。 しかし、その後1995年に規制緩和が実施されます。これにより、自己責任においてスプリング等の交換が可能になりました。 とは言え、「シャコタン」にあたる車のほとんどは車検不適合となるような最低地上高となっていることが多いため、こんにちにおいても「シャコタン=違法」というイメージを抱く方は少なくありません。

見た目がカッコよくなる? 車は低いほうがカッコいいと思っている方にとって、全高を低く構えたシャコタンの車は非常にカッコよく見えるものです。 車高が下がったことで、タイヤとフェンダーの隙間がなくなるだけでなく、ホイールが前から見たときにハの字に傾くなどの変化もあるため、純正とは違うスタイルを得ることができます。 ホイールやエアロパーツなども一緒に変更すれば、そのシャコタンぶりをより強調できるでしょう。 走行性能が向上する?
基本的には、車は車高を低くしたほうが走行性能が有利になります。 実際にレーシングカーなどは市販車よりも車高が低く抑えられていて、スポーツカーも車高が低くなっていることがほとんどです。 重心を低くし安定性を向上させることが可能なほか、空気抵抗を抑えられるといったメリットがあります。 ただし、車高を低くするのにあわせたチューニングをおこなわなければ、それらのメリットを活かすことはできません。
低い速度でも体感速度がアップ? シャコタンの車は道路と目線が近くなるため、同じ速度でも車高が高い車に比べて体感速度を速く感じられます。
また、スプリングが硬くなる傾向にあることから、ちょっとした段差などでも車体がぴょんぴょんと跳ね、まるですごいスピードで走っているようなスリリングな体験が可能です。 シャコタンにするとスピードを抑えた運転ができるようになるという見方ができるかもしれません。
走行性能が劣化する 前述の通り、車は低くしたほうが走行性能は向上します。しかし、それは適正な範囲内での話。 度を過ぎたシャコタンは、車高を下げすぎたことによりサスペンションが正しく動作しません。 タイヤのグリップ力が失われスリップしやすくなったり、地面の凹凸を吸収できず車体が上下に暴れてしまったり、さまざま部品が本来の性能を発揮できなくなってしまいます。 部品ひとつひとつがしっかりと機能するようにチューニングをおこない、適正な車高に設定しなければ走行性能向上は望めません。 ただ、シャコタンが好きな方は、走行性能よりも見た目を優先したいという方が多いようです。
乗り心地が悪くなる スプリングが硬くなる傾向にあることから、乗り心地も固くなりやすいのがシャコタンです。 道路の凹凸を踏んだとき、通常の車であれば気づかないこともありますが、シャコタンの場合はゴトン!と大きな音と衝撃が来ることがあります。
また、道路のワダチなどにハンドルを取られやすくなり、まっすぐな道でもフラフラとしてしまうことも。 上下左右に忙しい、落ち着かない乗り心地となります。 ただ、シャコタン好きの中には「それがいい!」と思う方もいるようです。
車体へのダメージが大きくなる 最低地上高が低くなることで、道路に車体下部をこすってしまうケースが増えます。 傷が入るだけで済めばマシなほうで、部品に穴が空いてしまったり脱落してしまったりといったトラブルに見舞われるリスクが高いです。
また、サスペンションには車体への衝撃を抑える役割も担っています。シャコタンの場合はこの衝撃が蓄積しやすくなるため、車の寿命を短くしてしまうのです。 ただ、車を犠牲にしてでも、道路から火花を散らしながら走る姿に憧れを持つシャコタン好きの方はいるようです。危険なのでやめましょう。

イベント動画カテゴリの最新記事